或るロリータ

A Certain Lolita

私情

咳をしてもひとり

久々に風邪をひいた。平熱が低いからか知らないけど私は滅多に熱が出ない体質なのだ。小学生の頃なんて冬でも薄着で走り回っていたけれど、風邪なんて無縁だったし、家も好きだけれど学校もそれなりに楽しかったから、病気なんてして友達と会えなくなるより…

もしも四年前に戻れたなら

私は変化というものに弱い性格をしているらしい。小学生の頃、中学生の頃、クラス替えが行われる度に不安で吐きそうになった。果たして馴染むことができるだろうか、うまくやっていけるだろうか、自己紹介はどうしよう、最初に誰に話しかけよう、あいつは知…

ニート初日を終えて

その日はニート一日目だった。無事に退職を終えた私の、自由で晴れやかで充実した一日が始まるはずだった。しかしその朝、私は浮かなかった。何を隠そう、二日酔いの苦しみに襲われていたのだ。 原因はその前夜。仕事納めの打ち上げで、明日からニートだと思…

夏が終わってしまう

一昨日、無事に退職の意思を告げることができた。 明日、退職の意思を告げる - 或るロリータsteam.hatenadiary.com ツイッターなどでも色んな方に励ましのコメントを頂き、本当に勇気付けられた。それがなければ、怖気付いて言えなかったかもしれない。明日…

明日、退職の意思を告げる

「仕事を辞めさせて頂きます。」 そう告げようという前の晩、私は落ち着かなかった。つまり今この瞬間である。正確には、一週間ほど前から気が気ではなかったのだが。明日、八月二十八日、この日に退職の意思を告げることを決定したのは、もう二ヶ月以上前に…