読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或るロリータ

A Certain Lolita

人生最高のボールペンに出逢った

社会人になってからはもっぱらボールペンばかり使ってきたが、これといってしっくりくるものに出逢ったことがない。

小学生の頃は鉛筆にこだわって、中学ではシャーペン、高校では文房具などどうでもよくなって次第に「書ければよい」という想いに変わってきた。それでもやはり、安物のボールペンを使っていると、半分もインクを使っていないのに書けなくなるし(ああいうのは最後までインクを使い切れることが果たしてあるのだろうか)、かといって高級ボールペンや万年筆に手を出すほどのゆとりもない吝嗇な私は、主にプライベート用のオシャレだけど書きづらい使う当てのないボールペンと、仕事用の会社の備品のボールペンを使い倒して今日に至った。

けれど最近になって仕事以外の場面でも手書きで手紙や書類を書く機会が何度かあり、そのたびに我が家のどこを捜してもろくに書けないストレス増幅用のボールペンばかりがペン立てに無意味に並んでいることを知って、久々に文房具屋へ出かけたのである。

元々文房具屋が大好きで、ただいつもは冷やかしに変わった文房具を幾つか弄んで帰るだけなのだが、その日は試し書きの紙に春夏秋冬など書いたりして、ひとつひとつ書き心地を吟味した。

太すぎるのは、細かい字を書くときに潰れてしまうし、細すぎるのは、大きめの枠に書く時に弱々しい印象がして好かない。それから、止め撥ねといった筆の流れが分かるようなものにしたいというのも重要だった。

いくつ試してみても、どれも似たり寄ったりで、なかなかピンと来るものがない…と思っていた矢先、出逢ってしまった。

f:id:steam:20150613233331j:plain

 

書きやすい…。なんだこれ…。

なんだこれ書きやすいぞ……。

 

パイロット ハイテックCマイカ 超極細0.4mm ブラック

パイロット ハイテックCマイカ 超極細0.4mm ブラック

 

 ↑多分これ。

パイロットのマイカというらしい。

マイカちゃん……マイカちゃんこれからよろしくね……。

買い溜めしとこ。