読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或るロリータ

A Certain Lolita

真夜中の学校

ひどく酔っていた。
酔っていたから、何もかも許される気がした。

 

f:id:steam:20150725002823j:plain

卒業して何年経つだろう。
変わっているようにも、あの頃のままのようにも見える。

 

f:id:steam:20150725001122j:plain

玄関に灯りがともっている。
誰もいないのに不思議だ。

 

f:id:steam:20150725001301j:plain

昔よくこうやって水を飲んだなあ。
ぬるいのにごくごく飲んでた。

 

f:id:steam:20150725004548j:plain

夜のブランコ。
誰も座っていないブランコは、この世でいちばん淋しい遊具に見える。


※深夜徘徊ではありません。帰宅中に寄り道しただけです。