読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或るロリータ

A Certain Lolita

夏が終わってしまう

私情 懐古

一昨日、無事に退職の意思を告げることができた。

steam.hatenadiary.com

ツイッターなどでも色んな方に励ましのコメントを頂き、本当に勇気付けられた。それがなければ、怖気付いて言えなかったかもしれない。明日、どんな顔して出社すればよいのかわからないけれど、あとは流れに身を任せていればなるようになるだろう、と思うことにする。

さて、そうこうしているうちに明日は八月三十一日である。夏の終わりの代名詞である。小学生がもっとも惜しむ一日である。

今年の夏は本当にめまぐるしかった。好きなところに行けたし、色んな景色を見ることができた。最後には退職というどデカい出来事が待っていたりして、とにかく例年にない波乱の年だった。悔いはないかと聞かれたら、正直たくさんある。けれど、ここ数年の夏の過ごし方の中では、上位に入るくらい充実していたとは思う。

まだ高校生だっただろうか、その年の夏休み、私は「ぼくのなつやすみ」というゲームを布団の上に寝転がってプレイする毎日を送っていた。鬱々とした夏だった(私はそんな齢から過去にすがり始めていたのだ)。

あの頃の夏には確かにもどれない、もどれないんだけれど、どうにかもがいたら、なんか取り返せそうな気はする。そんなつもりで来年からも過ごして行きたい。

f:id:steam:20150823154630j:plain

f:id:steam:20150822140216j:plain

来年こそ蝉の羽化を見てみたい。