読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或るロリータ

A Certain Lolita

noteが100記事に達したので、自らの精神状態を振り返る

noteを始めたのが一昨年の七月のこと。もう二年も経とうとしているのがおそろしい。

noteは私にとって精神安定剤のようなものだった。あの居心地のよい空間で、好き勝手にポエムを書き散らすことは、ずいぶんと憂鬱な頃の私を救ってくれていた。

といっても、初めは目的なんて何もなしにnoteを始めたのだ。ただ、Twitterで好きなフォロワーさんがnoteをやっているのを見て、自分も真似してみたというだけの話。わけもわからず始めた一回目のつぶやきはこちら。

note.mu

始まりから酔っぱらって書いている。酒を飲んでいる夜なんて、心当たりがありすぎて、一体どんな夜だったか思い出せない。それに今も、酒を飲んでいるし。

基本的に私は酔っぱらったときに手持ち無沙汰に文章を書く。それをブログに載せるには恥ずかしいし、ツイッターでは迷惑だし、ということで毎晩べろんべろんでnoteを開くのが癖のようになってしまった。

振り返ってみると女々しくて痛々しくてとても見ていられないものばかりだけど、そのときはすすり泣くように胸を痛めながらキーボードを叩いていたのが手に取るように判る。酔っぱらうと私の心は大抵ブルーな方へ傾くのだ。

というわけで、せっかくなので、その雑多な似たり寄ったりのポエムの山から、誰に望まれるでもなくいくつかを選んでみた。

 

note.mu

一昨年の八月三十一日の日記。たぶん私は一年のうちで八月三十一日にもっとも思いつめる人間なのだ。夏の終わりの象徴ともいえる一日だから。この日に煙草をやめている。

 

note.mu

これは毎週末行われていた友人との宅飲みで、朝になって誰もいなくなった散らかった部屋にいるときの心境を綴ったものである。今となってはあんなに毎週騒いでいられた頃がとても懐かしくて恋しい。東京にはたくさんの飲み屋があるけれど、彼らとの宴はもう長いことお預けだ。淋しがり屋の私にとっては辛いことである。

 

note.mu

たまに書いているヒロコとジュリーのお話。私は三人称で何かを書くのが苦手なので、本当にたまにしか書かない。でも、三人称だとここぞとばかりにメルヘンチックにしたり、クサい台詞を言わせられるからそれは楽しいことだ。

 

note.mu

数日間入院していたときのことを思い出しながら書いた文章。人生初めての入院はとても心安らぐものだった。今でも帰れるならあのやわらかいベッドの上に帰りたい。若い看護師さんがたくさんいて、ドキドキしたのは秘密だ。

 

note.mu

大瀧詠一を聴いていたらなんだかアダルトな話を書きたくなったけれど、いかんせん私の人生経験では、そのあたりをぼんやりとさせることでしか大人のまじわりを描けなかったという文章。

 

note.mu

ときどき急に恋愛についてわかったような口をききたくなる夜がある。そんなときは、誰かにその言葉を代わりに喋らせることしか、恥ずかしがり屋の私はすべを持たない。

 

note.mu

ニートになってすぐに書いたもの。写真は社員寮の窓から最後に撮ったものだ。

 

note.mu

いちばん最新のもの。仕事を始めてから、またくたびれた仕事終わりの社会人目線の文章ばかり書き始めているのが、自分でもおかしい。タイトルは坂口安吾の小説をモチーフにしているけれど、内容はあまり関係ない。ただの仕事が終わって家に帰り着くまでのありのままを書いているだけだ。

しかしこうして読み返していると、なんだか昔とあまり変わっていないような気がして、少し安心する。これからもたまに書いてゆきたい。おわり。